テーマ:

冬めく

2017年ドイツクリスマスマーケット  今年もドイツクリスマスマーケットがやって来ました。 昨晩はマーケットの初日でもあり、いつもより大勢のドイツの人(?)(外国の人)を見かけました。      今年のマグカップ  昨年(赤)とよく似ていて  ブルーにMiinhen  (ミュンヘン)の文字  以…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

赤い羽根

梅北  上から  梅北(時空の広場) ヨドバシカメラ前(小泉進次郎さん) 梅北広場(ビーチバレー世界選手権)     午前病院付き添いの後に、梅田グランフロント北のジュェリー展へ。グランフロント北~南への連絡通路で梅北広場にてビーチバレーの世界選手権が行われているのをを上から撮らせてもらった。  進むと大阪ステーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋冷

秋思祭(大阪天満宮) 仲秋の名月  天満の天神さんでは道真公が、秋思の詩を献上したことから天満宮では「観月祭」でなく「秋思祭」というそうです。 篝火の中、平安装束に身を包んだ人々により、厳かに取り行われます。  良夜、まんまるのお月様の月明かりが、一層祭りを厳かな物にしているようでした。ポロロンと時折なる琴の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩夏

藤原宮跡 Ⅲ  蓮の花  藤原宮跡の傍に「藤原京資料室」が有り、資料室では藤原宮跡の事もよく解ります。 生憎7月31日は休館日でした。”お天気&開花状況&都合”との折り合いでこの日になりましたが次には必ず資料室に。  「かしわら探訪ナビ」「蓮の花」8月3日の開花状況お知らせは、花は未だたくさんありますが、花托…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落し文

藤原宮跡 Ⅱ  黄花コスモス   黄花コスモスゾーンです。空に人面雲(雲の峰)に見えました。他にも蓮の花の近くにも黄花コスモスのブースがあり、ここでは黄花コスモと一緒にコスモスも咲いています。9月には秋桜が綺麗でしょう。  下5枚は藤原宮跡入り口付近の写真です。蓮の花は写真奥の山がより近くに見えるところにあります。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏深し

おふさ観音 風鈴まつり  おふさ観音のはじまり 昔この地に住む娘の「おふささん」が「鯉ヶ淵」と呼ばれる池を通りかかった時に、白い亀の背中に乗った観音様が霧の中に浮かんでいるお姿をご覧になり、池に小さなお堂を建て観音様を奉られたのが、お寺の起源だそうです。今も亀や鯉が大切にされ訪れる人の心を癒しているとのこと。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

七夕

天満宮(茅の輪)  星愛七夕まつり 駅前第2ビルの市税事務所~グランドビルの眼科~天満宮へ。今日は七夕、天満宮の星愛祭りを。お祭りは暗くなってから、明るいうちに茅の輪だけ潜らせて頂いた。  縁日に子供が楽しそうです。小さな子供の浴衣姿は可愛い。縁日は地元の人や氏子さんがボランティアされているようで普通の縁日のよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

梅雨晴間

万博記念公園     上から  紫陽花の森  ヒチダンカ(七段花)  菖蒲田  泰山木  太陽の塔  6月12日俳句教室から吟行  教室からの吟行はいつもお天気に恵まれます。公園は万緑真只中、広い公園のどこを歩いても緑がいっぱい。紫陽花の森では今、紫陽花まつりが行われて見ごろ。  園内は広く、11時45分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪御能

奈良興福寺南大門 「般若の芝」   平成29年薪御能   第一日目 5月19日(金)  春日大社舞殿          於: 咒師走りの儀(しゃしはしりのぎ) 午前11時始                       金春流   興福寺南大門跡「般若の芝」   於: 南大門の儀 午後5:30分始  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鯉のぼり

芥川(高槻市)     教宗寺(左上) 一里塚(左下)        歴史の散歩道(右上) 西国街道  鯉のぼりフェスタ 高槻市芥川「桜堤公園」で行われています。一般家庭から要らなくなった鯉のぼりを集め1000匹が芥川の上空を泳ぎます。  会場へはJR高槻駅から芥川商店街をを抜けた辺りに「一里塚」があり、そのまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜春

藤井寺(葛井寺)  藤井寺(葛井寺)は名の通りに境内は藤の花でいっぱいです。紫藤 白藤 桃色藤 境内の通り道は全部藤棚です。藤が無い時は?と考えるくらい藤で溢れています。  たくさん写真を撮ったのですが、綺麗な藤がうまく撮れてなくてごめんなさい。  あまり朝が早いと逆光になり思うように撮れません。一度近くの「辛…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤の花

熊野街道信達宿(野田藤)    ”この藤を訪ねる人にやすらぎを去りゆく人に幸せを”  藤まつり(泉南市) 梶本昌弘さん(故人)が丹精込めて育てられた一本の藤の木が、今、地元「藤保存会」の方々に守られ、4万を超す花房をつけようとしています。  梶本さん宅は熊野街道の閑静な住宅街にあります。今年は藤の花も例年より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春時雨

初瀬街道(長谷寺)  初瀬街道は長谷寺への参道「門前町」があり、お寺は初瀬山にあります。 良縁成就の企画、「幸せの猪目」に併せ、ハートの草もちの販売を期間限定であるそうですが、この日は普通の草餅を並んで買いました、少し小振りですがとても美味しかった。他に吉野葛を。    一番下の写真、福寿草は冬牡丹の足元にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余寒

冬牡丹(長谷寺)      上から 冬牡丹(登廊の横)   宗宝蔵  本堂  五重塔  登廊    「だだおしは」本堂で行われます。仁王門(現在修復中)の手前の参拝入山受付所の横道に、西参道があります。(花の道)  受付ではこちらに冬牡丹や福寿草が見れるかもしれない案内を受けました。受付の方からは坂が急で帰りに降りて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バレンタインの日

だだおし(長谷寺)  1000年以上続く火祭りです。 大和には北と南の二大寺院の火の行事、東大寺二月堂のお水取りと長谷寺の「だだおし」があり、「修二会」の締めくくりとして2月14日の追儺会「だだおし」があります。大和の地に春を呼ぶ火祭りです。  大松明は4・5メートル重さ20キロ大人3人で担いでましたが、それでもフラフ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春隣

お山焼き(若草山) 春日の大とんど→御神火奉戴祭→聖火行列出発→水谷神社松明点火→野上(のがみ)神社 祭典(17時40分)     大花火打ち上げ(18時15分)→山焼き一斉点火(18時30分) 〔聖火行列順〕雅楽道楽-僧兵-奈良町奉行所役人-金峯山寺法螺衆-興福寺-東大寺-春日大社  大とんど 飛火野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一夜官女の祭

野里住吉神社 野里住吉神社=永徳2年(1382年)足利三代将軍義満により創建(大阪市西淀川区)  祭の謂われ=中津川(現淀川)に面した昔の野里は、うち続く風水害と悪疫の流行で悲惨な明け暮れに近隣の村人はこの地の事を「泣き村」と呼んでいた。村を救うために毎年一人の子女を神に捧げよとの託宣により、毎年1月20日丑三ツ時に唐櫃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北四大祭 Ⅳ-②

海上ねぶた&花火     全ての画像はクリックで大きくなります。      ← 青森湾(パノラマ撮影)  8月7日 昼ねぶた会場~ホテルJALシティ青森~海上ねぶた(会場青森港) 7台のねぶたが湾内を巡行し、約8,000発の花火とともにいよいよ祭りのフィナーレが始まりました。 湾を回遊するねぶたが通過する時に合わせ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東北四大祭 Ⅳ-①

ねぶた祭り 囃子&跳人   画像はクリックで大きくなります。  8月7日 ねぶた祭りは力強い太鼓の響きとハネトの「ラッセラー」の掛け声で始まりました。 太鼓・笛・手降鉦それはそれは大勢の人で、夏空に大きく響き圧巻です。 中でも、跳人の衣装をまとった青森の市長さんがお一人で踊り、それぞれの観客の前で深々とお辞儀をされたの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東北四大祭 Ⅳ

ねぶた祭り         四神降臨 白虎と青龍                       激突!赤と黒 大坂夏の陣            滝不動                             韋駄天        毘沙門天と文殊菩薩                         田村麿と妙見宮の鬼面      …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

東北四大祭 Ⅲ

竿燈まつり  8月6日 平泉・中尊寺~東北・秋田道~秋田市内・イーホテル秋田 秋田竿燈まつり=稲穂に見立てた竿燈が夏の夜空に揺らめき、五穀豊穣を祈願する。  竿燈まつり最終日  ホテル近くの料亭で夕食を済ませいよいよPm6:55分竿燈入場 大若:長さ12m 重さ50kgもあるそうです。伝統の技は、計46個の提…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more