テーマ:神戸

三月

幽玄の世界への誘い 梅若六郎家所蔵の能面と能装束         若女 江戸時代前期 《逆髪(さかがみ)》  同じ面でも角度が少し違うだけで全く表情が違ってくる。 写真の能面が会場で見つけられなくて係の人に尋ねる。右図のように「テル」の表情の面が飾ってあり解らなかった。全く違う顔に思えた。  展覧会はシテ方能楽師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爽やか

花時計  神戸市役所の改装工事に伴い長年親しまれていた「花時計」が無くなるそうです。 移転先が見つからずこのままだと11月に撤去されるとの事。  新聞で知り、懐かしく思い出す。美術館の帰りに立ち寄る。遠い青春の日に待ち合わせによく使った。同じ思いらしき人が3組記念撮影をされていた。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷やか

生誕170年・没後100年記念 鈴木松年   今蕭白(しょうはく)と呼ばれた男           宇治川橋合戦図屏風            喫煙図(歌舞伎の女形とみられる)     鈴木松年 1848年~1918    近代京都画壇で活躍した画家   日本初の公立絵画専門学校   (現京都市立芸術大学)の教授と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋惜む

ボストン ボストン美術館の至宝展 東西の名品珠玉のコレクション      ファンセント・ファン・ゴッホ           喜多川歌麿      郵便配達人ジョセフ・ルーラン           三味線を弾く美人図                          フランス 1888年               日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲の峰

ヨドバシ歩道橋(接続デッキ)     上から  ヨドバシ接続デッキ    ドマーニ神戸隣接の公園(下2枚)  7月2日撮影  地下道を知っていると不便さはそんなに大きくないが、知らないで地上からヨドバシカメラは見えているのに大回りと不便だった。接続デッキで行きやすくなるけど、今以上に人が多くなると、ますます店員さんが年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖五月

多門寺(杜若)          舞子駅からの明石大橋  舞子(神戸)迄、親友のお見舞い。    朝から出かけて居たのは少し。でも会えて良かった。  帰りに以前彼女と友人四人で行った多門寺の杜若を観て帰る。この時は雨で杜若の色が一層綺麗だった。今日の杜若は桜で云うと散り始めでしょうか。    →   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花巡り

弓弦羽神社                  弓弦羽神社&香雪美術館(下4枚)   13日 櫻守公園~香雪美術館~弓弦羽神社へ  櫻守公園は朝9時~10時の間が花見に最も好い時間と聞く。今年の桜は大阪でも遅く神戸はそれより2、3日遅いとの事、満開の時に合わせて美術館へその前後に花を楽しむ事に。  公園は美…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

亀鳴く

没後40年 熊谷守一   お前百迄 わしゃいつまでも                  上から   猫   雨滴   朝の始まり   熊谷守一=明治13年~昭和52年 明治33年東京美術大学卒、裕福な家庭生活から父親が没後、その負債を抱え極貧生活の中、5人の内3人の子供を亡くし、深く長い悲しみの中で、石ころや自然の中…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

花の雲

櫻守公園(岡本南公園)  ササベザクラ  岡本南公園(兵庫県)は、水上勉の小説「桜守」のモデルとなった笹部新太郎氏の邸宅跡が昭和56年に公園となり通称「櫻守公園」と呼ばれています。  園内にはササベザクラをはじめ、エドヒガン、オカモトザクラなど10種約30本の桜が植えられている。  個人の名前がつけられたササ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩夏

   丑の日     鰻を食べる日        友人が鰻を送ってくれました。美味しく頂く。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏祓

シネマ歌舞伎               阿弖流為(アテルイ)  神戸国際会館に於いて 友人の誘いでシネマ歌舞伎の観賞。  作品=蝦夷(えみし)を率いるリーダー・阿弖流為と、蝦夷を討伐する坂上田村麻呂。敵同士でありながら、     奇妙な友情で結ばれる若き2人の男の戦いを軸に、阿弖流為を導く謎の女・立烏帽子。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バレンタイン

シネマ歌舞伎          写真上(棒しばり)下(喜撰(きせん))     神戸国際会館 友人の誘いで神戸国際会館でシネマ歌舞伎を観る。  棒しばり=中村勘三郎 坂東三津五郎 坂東彌十郎         お酒の好きな次郎冠者(中村勘三郎)と太郎冠者(坂東三津五郎)が主人に留守を         頼まれる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

寒明

老人ホーム  上からホーム壱番館と弐番館 友人の部屋のベランダ ベランダから見える明石大橋(アップ)  友人が介護付き有料老人ホームに。マンションタイプで、彼女の部屋は最上階の98㎡と広くベランダからは明石大橋が見えます。  今日は霞がかかりはっきり見えなかったが、夜はライトアップされた大橋が見えとても綺麗だそうで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いかなご

花曇        緑陰道路桜  下の写真白い花は西洋李&桜    昨日出かけている間に友人より恒例のいかなご届く 局留めに    なっていたのを再配達してもらわずに午前中に局迄取りに行く。    帰りに緑陰道路の花を観て帰るつもりです。        そろそろ雨が降り出しそう、お天気なら花見の人が大勢で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸

いかなご  恒例の春の便が届く。昨年は彼女の一身上の都合により炊かなかったらもう炊き方を忘れてしまったですって。エェェェーといいつつ、自分も同じようなものであって、いつもレシピを見ないと炊けないものがある。レシピを見ないで作ると味が違う。そんなもん?  写真はいつも容器(タッパ)をイラストに変えていますが、釘煮の器も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春

追儺式 長田神社          鬼の松明授与所               社殿前の舞台(東西12間)  長田神社(神戸)  2月3日(節分) 神社の氏人で行われる神事には、神の代理を務める鬼役の人は早朝に須磨の海岸で身を清めて奉仕されるそうです。 鬼は長田大神の化身で、諸々の災・罪・穢れを祓い清め、清々しく心安らかな新…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小春

香雪美術館       美術館入り口                美術館庭      美術館と神社            弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ) 細川護煕特別展  「陶と書」 9月23日~11月3日(作品の写真はパンフレットから)  60歳で政界を退き、湯河原の自邸「不東庵」で閑居暮らしの中で、自然に親しむ日々の中、心…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

10月尽

兵庫県立美術館    榎忠展  「美術館を野生化する」 榎忠(えのきちゅう)(1944-)神戸を拠点に活躍する。 本展は、回顧展も兼ねた、榎の最大規模の個展です。美術館の地はかって製鉄所でした。その地霊に惹かれ、鉄をはじめとする金属の野生で美術館を満たします。本物の薬莢・溶けた鉛・機械部品の山・変形・切断された鉄材な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

俳句大会

五月雨  日本伝統俳句協会第23回関西支部大会。(よみうり神戸ホール)  吟行地 南京町・メリケンパーク 梅雨前線に台風が重なり強い風雨の中、それでも約180名もの参加の中で行われました。 悪天候にもかかわらず、逆にそれがいい句を生んだと選者のお言葉通りいいお句がたくさんあり、とても勉強になります。  さすがに南京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩夏

ゴーゴーミッフィー展  大丸ミュージアムKOBE  1995年 ディック・ブルーナさんによって  絵本の中に誕生したミッフィー(うさこちゃん)は今年55回目の  お誕生日を迎えるそうです。8作の絵本原画やスケッチなど、  日本初公開の作品200点以上が展示されました。  昨日は最終日でもあり、若いお母様と子供さん・お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白雨

麗子登場!!  兵庫県立美術館  名画百年(日本近代美術の100年)  神奈川・兵庫県立美術館との融合での近代美術史を  回顧する  展覧会  岸田劉生 「麗子立像」    レオナール・フジタ(藤田嗣治) 「二人裸婦」  小磯良平 「斎唱」   本田錦吉郎 「羽衣天女」等  左の写真はパンフレットから   昨日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸

相楽園   相楽園                ハッサム邸                菊花展  船屋形(重要文化財)                    池泉回遊式庭園  長田神社(本殿)           新長田1番街            鉄人28号 相楽園 中国「易経」の「相悦相楽(わしてよろこびあいたの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

北山緑化植物園 (Ⅲ)

園内の花達 Ⅱ  庭園から北山池に行く道中へは柵がしてあり、「猪が出るので開けたら必ず閉めて行くように」と書かれていました。スリルありました。猪には出会いませんでしたが連れは猪生まれでした。こちらの方が怖いかもしれません。 紹興市と同じようにこちらでも毎年「曲水の宴」行われるそうです。今は、水路には木の葉がゆるやかに流れてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北山緑化植物園 (Ⅱ)

園内の花達  園内は花がいっぱいです。 季節の花が所狭しと咲き誇り、他にも薬草園・温室の花等どこも花で溢れていました。一日遊ぶのに丁度いい広さです。親子ずれやカップル等も何組か来園されていました。花も楽しめ池もあり木の実も拾え、東屋が所々にありゆっくり休憩も出来ます。北山池の傍でお弁当を頂き、池の傍には団栗がたくさん落ちて…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

北山緑化植物園 (Ⅰ)

緑・花・大好き人間集れ――。  北山緑化植物園                    小蘭亭                   墨華亭 北山池                          北山山荘                 お茶席立礼 北山緑化植物園(兵庫県西宮市) 総面積90ヘクタールに季節の花と緑が溢れ、園内…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

いかなご

明石の春を詠む吟行俳句会  ← 明石駅コンコースで受付  3月7日 明石・中心市街地まちづくり推進会議主催の吟行俳句会があり、  協賛日本伝統俳句協会関西支部 後援ホトトギス社 講演されるのが  関西支部長のお教室の先生ということもあり応募したが、定員290名  応募多数時抽選。生憎抽選漏れになったが欠席される方のを譲って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

メンテナンス

冬至  今日は冬至  二十四節季の一つで、太陽が最も南に寄り、昼間の時間が  この頃が一番短い。  柚子湯に入り、お粥と南瓜を食べると中風にならないといわれる  大阪は朝から久しぶりに本降りの雨が一日降り続く、  本日、今年最後のPCボランティアは20台のノートパソコンの  メンテナンスで終る。やっぱり最後は雨だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多聞寺の杜若(かきつばた)

かげたのむ心の池の深ければ多聞宝をさずけたまわん(古歌より)  吉祥山多聞寺  場所 神戸市垂水区多聞台  5月25日朝から一日本降りの雨 多聞寺の杜若(かきつばた)が  見頃とのことで友人の案内で出掛ける  多聞寺、平安前期(860年頃)、空海の弟子 慈覚大師が建立し  その時に杜若も植えたと伝えられ、境内にある心…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

明石城&龍野城

明石城~姫路城~龍野城へ。 四月五日に明石公園に、明石城の桜はまだ四分咲き位で少し早かったので、新快速で姫路へ姫路城を車窓から眺め、姫新線に乗り換え龍野城へと足を伸ばした。本竜野駅を降りると、龍野城を中心に城下町全部が満開の桜の中にあり、まるで絵巻の中に居るようでした。  明石公園 剛の池  六甲山系の西端、赤城山台地に残…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

小春日和

今の緑陰道路は木の葉・実が色づいてとても綺麗です。木の花は蕾から一ヶ月してやっと膨らみかけてきています。 月桂樹や山茶花がもう少しするとUPできそうです。 昨日、震災後新しく出来た街HAT神戸(Happy Active Town)(神戸「灘駅」)に神戸の友人の案内で行ってきました。  1998年(平成10年)6月街開き、東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more