テーマ:奈良

走り梅雨

オクラの花            庭のオクラの花     達磨寺     二上山  関東東海地方等は今日梅雨入り 今日の雨の後 近畿地方は明日からお天気が続くそうです その後本格的な雨がやって来るそうで入梅はその頃のようです。  雨の中オクラの花が咲く、クリーム色の花を他所で見かけて今年は是非家でもと思って植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花吹雪

大神神社        慶田寺    境内に咲く菫        大三輪神社参道にある自販機  お墓詣り(慶田寺)へ 姉と一緒に里方のお墓詣りへ たくさんの菫が見られる。境内の桜は葉桜に変わりつつある中に、八重の桜が開き始めていました。   お寺から大神神社へ 参道に面白い自販機を発見 焼き芋も紅あずまとか鳴門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囀り

関屋(八幡神社)  関屋へお墓参り 関屋の駅から2,30分歩くとお墓、静かで鶯の鳴き声が聞こえる。坂道をあと何年歩けるだろうかと、思いつつ帰路に着くと駅にタクシー乗り場が、以前は駅から降りるとすぐあったのが無くなったと思っていた、場所が変っていて歩道橋をそのまま行くと乗り場 歩道橋を通ることが無かったから気付かなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春霞

二上山  王寺の駅に降り立つと駅ホーム通路から二上山が見える。先日香芝の親戚のお葬式には近鉄で。JRで行くと我が家から一直線遠いと思っていた奈良が市内移動と時間的には余り変わらないのを知った。  王寺から奈良交通のバスがあり移動も楽そう。 王寺の駅には達磨寺があり「雪丸」像があるそうです。  夫が入院する…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

待春

香芝              まほろば線   1月は忙しくて29日が1月最後の行事の予定が、30日に従兄妹のご主人が亡くなられと兄からの電話。従兄妹には実家の祭りごとにはいつも奈良から来てもらっている。  兄弟で夜七時のお通夜に奈良「香芝」へお参りさせてもらう。  写真は王寺駅、香芝からの帰り、乗り換え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩夏

藤原宮跡 Ⅲ  蓮の花  藤原宮跡の傍に「藤原京資料室」が有り、資料室では藤原宮跡の事もよく解ります。 生憎7月31日は休館日でした。”お天気&開花状況&都合”との折り合いでこの日になりましたが次には必ず資料室に。  「かしわら探訪ナビ」「蓮の花」8月3日の開花状況お知らせは、花は未だたくさんありますが、花托…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落し文

藤原宮跡 Ⅱ  黄花コスモス   黄花コスモスゾーンです。空に人面雲(雲の峰)に見えました。他にも蓮の花の近くにも黄花コスモスのブースがあり、ここでは黄花コスモと一緒にコスモスも咲いています。9月には秋桜が綺麗でしょう。  下5枚は藤原宮跡入り口付近の写真です。蓮の花は写真奥の山がより近くに見えるところにあります。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏深し

おふさ観音 風鈴まつり  おふさ観音のはじまり 昔この地に住む娘の「おふささん」が「鯉ヶ淵」と呼ばれる池を通りかかった時に、白い亀の背中に乗った観音様が霧の中に浮かんでいるお姿をご覧になり、池に小さなお堂を建て観音様を奉られたのが、お寺の起源だそうです。今も亀や鯉が大切にされ訪れる人の心を癒しているとのこと。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

七月尽

藤原宮跡(蓮の花)(奈良)       上から畝傍山と蓮     耳成山と蓮    香久山と蓮   藤原宮跡 持統,文武,元明天皇の三代16年間(694~710年)の宮跡 藤原宮は、中国(唐の長安)を模して造られた日本初の本格的な宮跡。  広くて入り口からは蓮ゾーンが解りません。湿地帯の様な草の上を歩いてやっと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

空蝉

氷室神社                     氷室神社                  奈良国立博物館庭園                    喜光寺  博物館の隣に氷室神社があります。今、氷まつりをしていて、境内で氷が頂けると楽しみでしたが、氷は神様にお供えのお下がりを頂くので、神社で販売しているのではありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大暑

極楽・地獄への扉 源信          上から  阿弥陀聖衆来迎図  和歌山 有志八幡講十八箇院                   〃          下左   雲中供養菩薩像  京都 平等院   奈良国立博物館  恵心漕都源信(えしんそうずげんしん)942~1017 平成28年に源信の1000年忌を記念し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

炎天

喜光寺(蓮の花) 行基菩薩の寺  喜光寺(奈良)は養老5年(721)、行基菩薩によって創建されました。御本尊は阿弥陀如来像。  始めてお参りさせて頂くお寺です。蓮の花が8月上旬まで。弁天堂の池にも咲いていますが、境内には200鉢もの蓮の花が咲いています。  9:00からの拝観が7月いっぱいの土日は7:00…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏衣

虎の尾 ((慶田寺)奈良)       上から慶田寺境内 虎の尾  半夏生     慶田寺表門  兄の三回忌法要 人は2度死ぬ、一度目は息が絶える時、二度目は皆に忘れ去られる時で、こうして皆が集まるという事が亡き人への供養になるとのご住職のお話でした。  11時からの法要には早くから親戚の方もお見え下さりありがと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑

奈良公園(鹿)  新樹の昼下がり奈良公園は大勢の人です。鹿もまったりと横に。朝の春日大社舞殿の儀式を外し、昼から奈良へ。  南大門の儀の前に、興福寺国宝特別公開の阿修羅像を拝観させて頂く。今、平成30年の落慶を前に、中金堂の再建が行われていて、仮講堂でガラスケースがない分以前より身近に拝観。修学旅行のバスが駐車場に並ぶの…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

春時雨

初瀬街道(長谷寺)  初瀬街道は長谷寺への参道「門前町」があり、お寺は初瀬山にあります。 良縁成就の企画、「幸せの猪目」に併せ、ハートの草もちの販売を期間限定であるそうですが、この日は普通の草餅を並んで買いました、少し小振りですがとても美味しかった。他に吉野葛を。    一番下の写真、福寿草は冬牡丹の足元にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余寒

冬牡丹(長谷寺)      上から 冬牡丹(登廊の横)   宗宝蔵  本堂  五重塔  登廊    「だだおしは」本堂で行われます。仁王門(現在修復中)の手前の参拝入山受付所の横道に、西参道があります。(花の道)  受付ではこちらに冬牡丹や福寿草が見れるかもしれない案内を受けました。受付の方からは坂が急で帰りに降りて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バレンタインの日

だだおし(長谷寺)  1000年以上続く火祭りです。 大和には北と南の二大寺院の火の行事、東大寺二月堂のお水取りと長谷寺の「だだおし」があり、「修二会」の締めくくりとして2月14日の追儺会「だだおし」があります。大和の地に春を呼ぶ火祭りです。  大松明は4・5メートル重さ20キロ大人3人で担いでましたが、それでもフラフ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春隣

お山焼き(若草山) 春日の大とんど→御神火奉戴祭→聖火行列出発→水谷神社松明点火→野上(のがみ)神社 祭典(17時40分)     大花火打ち上げ(18時15分)→山焼き一斉点火(18時30分) 〔聖火行列順〕雅楽道楽-僧兵-奈良町奉行所役人-金峯山寺法螺衆-興福寺-東大寺-春日大社  大とんど 飛火野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爽やか

酔芙蓉  お墓参り 薄曇り、お墓参りには丁度いいお天気。お墓は関屋駅から坂道を2、30分程歩きます。  叔父のお墓にいとこが先にお参りをし、一緒に家の方にも供花もしてくれていますので、花が重なる時がよくあり、花を持って行かなかった。  お花が無かった。どうしたのでしょう?身体の調子があまり良くないようなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋

盆施食法要        慶田寺     慶田寺=寺の創建は文明2年(1470年)といわれ織田信長の末弟・織田源五郎長益(有楽斎)ゆかりのお寺で、境内には戒重藩(後に芝村藩)織田家の歴代藩主の墓が有る菩提寺としても知られています(奈良県桜井市観光協会公式ホームページより)  兄の新盆 昨年で新盆は済んだと思っていま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

落とし文

奈良桜井市庁         桜井市庁   関屋三枚  大阪は朝からの雨、雨が午前中降っていれば先に桜井市庁へ、お天気なら先に関屋にと前日の予定。生憎朝から本降りの雨、先に市庁の用を済ます。直ぐに用は済み桜井北駅のバスもすぐ来た。  桜井からそのまま準急で関屋へ。関屋は家のお墓が有ります。お墓へのついで参りはいけな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ひまわり

三輪山大鳥居      三輪山大鳥居   二の鳥居   大神神社参道   慶田寺境内ユウキスゲ  奈良桜井市役所へ、 朝一番に桜井市役所へ。思いの外、用が早く済みそのまま桜井駅に戻る予定が、外に出ると天理行きのバスがすぐに来る。せっかくなので慶田寺へお参りを。   梅雨曇りの空、時々晴れるとお日様一杯の夏空。暑か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

深秋

満中陰  9月27日に里の母が逝き一か月。10月27日  奈良の菩提寺で満中陰の法要を営む。  生前の母の事を上手にお話しくださる  ご住職の言葉をありがたく聞く。  母はいつも晴れ女を自称の通りにこの日も秋晴。  お葬式の時も、七日七日の法要も晴れでした。  長い間区の婦人会会長等していて、通夜やお葬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏深し

資料探訪会 奈良に子規の庭を訪ねる          子規の庭より東大寺の指呼の鴟尾              宿帳(対山楼)  子規の“柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺”は対山楼(奈良)に泊って着想を得たとされています。  この地に一本の柿の古木が残されていた事で、この柿をシンボルとして子規の好んだ草花と伊予の青石に“秋暮るゝ奈良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行秋

当麻寺吟行   当麻寺本堂               中将姫像            境内  破れ蓮(やれはちす)         双塔(東塔&西塔)          西塔  仁王門(現在修復中)           参道             民芸店「和」  10月27日俳句教室からの吟行 駅に降り立つと雲ひとつなくま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良

天竺展    天竺へ  三蔵法師  三万キロの旅  国宝「玄奘三蔵絵」全12巻  ← (パンフレットよりクリックで         画像大きくなります)  奈良国立博物館(東新館)      県庁前の遷都君           雄鹿  奈良町入口              元興寺           格子の家(旧商家)案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良(弥生) Ⅱ

花祭り  裏参道                                 大仏池&馬酔木 戒壇院                                   片岡梅林辺り 浮見堂                                  五重塔(興福寺)   奈良(弥生) Ⅰ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良(弥生) Ⅰ

春の空  氷室神社              氷室神社枝垂桜              二月堂 二月堂から裏参道            木蓮 観音堂(2月堂)より西方を望む  生駒山   良弁杉・大仏殿(中央)     法華堂(三月堂)(左)         ← パノラマ撮影クリックで画像が大きくなります  桜はこの週末…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

奈良(如月) Ⅲ

椿寿庵(ちんじゅあん)  椿寿庵は大和郡山にあり個人のお宅が無料で拝観させてくださっています。二つのビニールハウスの中に一つは珍しい品種がたくさんあり、たくさんの花の写真を撮らせてもらいましたが、一部をアップしました。それぞれに名前が付いていましたが、控える時間がありませんでした。もう一つのハウスでは苗木の販売もされています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良(如月) Ⅱ

大和文華館  開館五十周年記念名品展Ⅲ 2月19日~3月27日  日本美術はアジア世界の中での交流の中から刺激を受け生み出され、大和文華館の名称も中国・南京の博物館を参考に名付けられ、今回50周年を迎え大和文華館所蔵の国宝1件重要文化財4件、重要美術品3件を含む中国・朝鮮の絵画や工芸の名品が展示されています。 作品の素晴…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more