テーマ:雑記

惜春

季節の和菓子  4月の和菓子   御銘 左上=『うるわし』 右上=『花菖蒲』       左下=『山吹』  右下=『花びら』       (「うるわし」はピンクの薔薇の        花言葉からだそうだ。)   上はデパートで下は姉のお店で。   どちらも姉からのお土産。   来客にはいつもお茶に生菓子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛祭

夏目漱石(門)         第百四回(門)朝日新聞連載 本日最終章              本の中では挿絵は珍しく   第九十七回目の挿絵   「初夏の円覚寺」   次回4月1日から   吾輩は猫であるが始まります                    追記   3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雀

去年今年(注連縄(しめなわ))  一昨年に夫の弟が亡くなり昨年は喪中につき注連縄を飾らなかったら、たくさん悲しいことが続き、今年は兄の事は実家の事として従来どおりに我が家には注連縄を飾る。 注連縄飾るとすぐに稲穂を雀が啄む。暮れは無事だったが、元日にはやはりモミガラになって下に落ちていた。    いつも一足先に…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

冬芽

母の書       12月の掛け軸    お正月までの間に掛ける物が無く、床の間には生け花に    サンタクロース等クリスマスの置物を添え飾っていた。    「柿と猿」の掛け軸の後に飾る物を探していたら母の書が    出てきた。一度も飾ったことが無い。    書の意味を調べてみる。    崔瑗(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒雀

稽古始  庭に雀 福良雀 今頃の雀は寒気のため全身の羽毛を膨らませまん丸い。餌を求めて毎日庭に来る。なかなか馴れてくれないけど、チュンチュンと囀りをきくのも暮らしの中にあって好い。座敷から窓越にて撮影。  今日からお稽古。  追記 寒の入より4日目の事を「寒四郎」といい、寒の入から9日目を「寒九」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬めく

ニット作品  捨てられずに置いている40何前に作った鉤針編みの作品です。 サイズ的には今もこれから先もきっと着ることは無いでしょう。スカートも棒針でなくかぎ針で編んだように思っているのですが・・・。忘れました。 お手製の思い出のあるスーツも捨てられずにいます。絶対着ることが無いとわかっていますが。丁寧に仕立てて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

彼岸

いかなご  恒例の春の便が届く。昨年は彼女の一身上の都合により炊かなかったらもう炊き方を忘れてしまったですって。エェェェーといいつつ、自分も同じようなものであって、いつもレシピを見ないと炊けないものがある。レシピを見ないで作ると味が違う。そんなもん?  写真はいつも容器(タッパ)をイラストに変えていますが、釘煮の器も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春寒

フラワーパーツ  手作り小物入れに使用する  フラワーパーツ&キュゥティクルリボンと呼ばれるもの  (写真)  いろいろ教えて貰った何軒かの100円ショップに行ってみた  何軒かまわって灯台下暗し近くのショップで見つける  他にも薔薇のリボン&オーガンジーで作った水玉のリボン等  土台の布地に合わせて色々選べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春浅し

白梅&紅梅   牛乳パックは以前は区役所に持って行っていたが、何年か前に中止になり   そのあとは資源ごみには出さずに、環境局迄持って行き続いてスタンプを   貰っていた。   今日持っていくと、26年3月末で終了だそうで、もう少しでいっぱいになる   のに残念。16年から初めて、一つのスタンプを貰うのにパック15枚分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深秋

満中陰  9月27日に里の母が逝き一か月。10月27日  奈良の菩提寺で満中陰の法要を営む。  生前の母の事を上手にお話しくださる  ご住職の言葉をありがたく聞く。  母はいつも晴れ女を自称の通りにこの日も秋晴。  お葬式の時も、七日七日の法要も晴れでした。  長い間区の婦人会会長等していて、通夜やお葬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋霖

金木犀 台風27号の影響で朝からの雨。大阪では金木犀の花がやっと咲き始める。6日関屋(奈良)では一足早くに、満開の金木犀の香りを楽しんだ。  本日よりブログ10年目に入る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入り

カート  スーパーの創業祭でたくさんの買い物をする。自転車には積んで帰れそうにないのでカートを借りた。自宅の勝手口へは駐車場の玉砂利の所を通ります。スーパーのカートは店内の平たい場所で使用するようになっているらしく、玉砂利に乗り上げたとたんにカートがひっくり返りそうになる。慌てて止めたはいいが、一番上に置いていたメロンとトマトを入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立冬

風邪  風邪をひいたみたいで近所のお医者様で診察を受ける。一週間ほど前から少しおかしいかな思いつつ寝込むほどでもなくいたら、今朝は少し熱と軽い咳。明日は出かける用がありどうしても今日は無理をしたくない。 いつもの所では問診だけでお注射と薬を下さるので、今日は薬を飲んでゆっくり休養しますか。 立冬とは言え日差しが部屋の奥…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花の雲

芦屋霊園  子供の頃からの友人の実家があり、お邪魔するといつも家族皆で優しく迎えて下さっていた。叔父様も伯母様も亡くなられて後に友人の弟が住まわれるとのことで家を改装された。お家は芦屋霊園の近くでお墓も霊園にあり、お宅にお邪魔する前にお墓参りをさせて頂いてから、彼女持参のお花見弁当を彼女の弟と三人で園内の公園で頂いた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽炎

宅配便  神戸からいつもの釘煮が届く。この便と一緒に我が家に春がやってくる。、 荷物の中に山口からのお土産「せんべいカステラ」にのこぎり状のナイフも一緒に入っていて、そのままカットしてせんべい、湿らせるとカステラになるそうだ。どんな味か後のお楽しみ。  職人さんがひどい風邪をひいたようで、家にいても外のすごいくしゃみが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

彼岸

デジタルカメラ    修理に出していたカメラが戻る。前日には店から丁寧な電話があり、昨日自宅に届く。 修理内容は「基盤レンズの組み立てを交換しました」とあり。一年の保証期限内(3月30日)のお陰で無償修理。デジカメは新しいのもがすぐ欲しくなるので保証期限一年にしていたが、今回の事で5年保証を考える。 丁寧な包装、何重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の水

プレゼント  ホワイトデーに頂いた。まだ開けていないので中は私だけ楽しんでから、みんなで頂くことにします。 今朝の朝日新聞読者の投稿から、88歳のご婦人から過去も未来も考えずに、今日一日をいかに楽しく過ごすかを考え、今はお習字のお稽古に通われているそうです。そうですね。ゆっくりと一日を大切に過ごせればいいですね。  庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春田

豆ごはん  うすいえんどうを戴いた。嬉しい。近くで買う豆は鞘をあけてがっかりする事があるけど、戴いた豆はぎっしりとしっかりした実が詰まっていてとてもいいお豆さんでした。春は名ばかりで寒さが続くなか、心に春をいただきました。   炊くというより出汁に浸す。塩をまぶした豆をしばらくなじませた後に、熱湯に豆を入れ7分間茹で(こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東風

京セラドーム大阪  オリックス・バファローズオープン戦  オリックス対横浜DeNA  一塁内野席オリックス側の席での観戦  野球の事はほとんど知らないので  観る前には途中から抜け出すかもと  思ったが楽しかった。 今日はオリックスは5対1で完敗。  機会があれば他の球場も行ってみたい  甲子園球場の高校野球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水温む

釘煮  三月さざんか例会  5年前に老人ホームのベッドの手すりカバーと  車椅子のカバーの依頼を受けた同じホームの方  から古くなったカバーの補充と新しいベッドと  車椅子のカバーを新たに作って欲しいとの  依頼がありました。  本日はその打ち合わせとエコ椅子の作成。 イラスト(中の釘煮は本物)はいつも凄い作品を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の日

昼の月 桜橋                          教室のクリスマスツリー    何時もながら悪戦苦闘の句会、終わって一息付きながら教室を出ると真っ青な空に昼の月。     ビルの谷間の月も良しとし、大きなお月さまが少し緊張を解してくれそうだ。     御堂筋の銀杏黄葉・車窓から見る町の公園・そして緑陰道路の紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神の留守

夜の蝶   ホテルプリムローズ大阪  研修会&懇親会。いつもの会場でなくホテルでの研修会後に続いての懇親会。 通常研修会が2時~4時、今回この時間に懇親会が行われるので研修会はその前の1時~2時。 案内をしっかり読まずいつも通りに2時に着く。つくと直ぐに懇親会の会場の方へ皆が移動し始めアレと思いながら一緒に会場に入る。 テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬肥ゆる

お土産   「小さなガラガラ」  昨日今日と外は秋の雨。今、裁縫ボランティアでは  幼児用の「小さなガラガラ」を作っていて、  作り方のレジメを作成しなければ  と思いつつ..。 椿油と五島うどんのお土産を  頂く。昨日は雨で少し  肌寒く、早速釜揚げに  して頂いてみました。  ちょうど朝に妹が地の …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋晴

障子張る    お天気につられ、思い切って昨日今日と、障子の張り替えをする  前回の障子紙は繊維の入った強い物を使ったが、周囲のカットに力がいり  カットしにくかった。今年は普通の障子紙にしてみる。貼り易い。  糊は刷毛でなく、左の写真のようなものをみつけて使ってみる。  桟の所は便利だが淵の部分がぬりにくいので、これに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

研修会

長月    昨日10月1日、2時からの研修会、今回の会場はいつもと違うので時間は十分みて家を出る。最寄りの駅(始発駅)で、ニュートラムに乗るべくバスを待つ。やっぱり5分遅れて到着。時間はゆっくりあるので大丈夫とバスに乗り込んだ。 発車してひと駅が過ぎて次の駅にかかる前に、”次の駅傍の交差点で道路工事をしているので、バスが遅れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五夜

夏バテ  先週の水曜日から少し体調を崩した。直ぐに治るからと思っていた。ら、意外としつこい木曜日には市販の薬を買って一時抑えをして出かけた。日曜日の来客もきっとこちらの顔色があまり良くないのを感じて”夏バテに気をつけて下さい”と早々に帰られた。昨日朝一番に病院に行く。一日バテテしまった。薬を飲んで一日横になる。病気で横になることは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白粉の花

法要 友人の母上が亡くなった。今日二七日 ご実家は警察学校の前にあり、昔よくお邪魔したが久しぶりの訪問。リビングで友人の弟君とお話していると、父上とそっくりになられて、昔お邪魔した時にいつもニコニコと迎えて下さった頃と錯覚するほど。亡くなられたおばさまは観音菩薩だと私はずっと今も思っていました。又一人大切な人との別れがあり、残っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑中見舞

熱帯夜  珍し人から涼しそうな奥入瀬渓流の写真入りの暑中見舞いが届く。 昨年に行かれた時の写真だそうで、ベストショットの万緑の中の渓流に一時の涼を頂いた。 昨晩12時頃眠れぬままいると、玄関吹き抜けの窓にまん丸のお月さま。 今日は研修会があり、真っ盛りの暑さの中出掛ける。 本日も熱帯夜。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨湿り

市民後見人登録者研修会  会場へ向かう環状線の中、大阪城公園の泰山木が線路沿いに並木になっているのを目にしながら、今朝の天声人語の山形にも咲き始めたとの読者便りに思う。 ”蕾は白蝋/半開きが白磁碗/満開時 紛うかたなき白牡丹》堀内大学の詩の一節。震災から百日となる東北の被災地で、霊を慰める大輪であろう。” 緑陰道路も今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春待つ

碧悟桐忌  今日二月一日は「碧悟桐忌」   先日友人の句会で兼題だったとの事  立春を前にして亡くなった人のことを詠んだと  聞きました。句は忘れましたが、  難しい季語を上手に詠んでいました。  大雪もピークを過ぎたようですが、大阪は一月は1日と  6日をのぞいて29日間続けて乾燥注意報が出ていた  そうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more