テーマ:展覧会

夏の川

兄消える        映画兄消える(パンフレットより)  疎遠になった兄弟や家族も老いると共に相手の思いやりが自然と湧き出てくると思う。エンドが悲しく終わらないで、冒頭は父親の葬儀から始まる 40年前 弟に親を押し付け100歳になる父親を独身を通して76歳迄町工場と一緒に守ってきた弟に ふらりと現れ暫く居た後 又ふらりと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春闌

パリ凱旋・傘寿記念 与 勇輝展 Atae Yuki  創作人形の軌跡           灰かぶり                    たま  灰かぶりは日本の童話ではシンデレラの事   たまは抱いている子猫の名前  ドキッとさせられた以前の人形展と違って今回は平成の明るい子供たちの人形が展示されています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東風

横山大観 画業と暮らしと交流  横山大観記念館 史跡・名勝指定記念展             (霊峰飛鶴) 横山大観(1953年)            (四時山水)(部分) 横山大観(1947年)  人間が良くできてないといい絵は描けない 各界の才能ある人を好み大観邸には多くの文化人が来訪されていたそうです。ビデオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山笑ふ

ーサンタフェ  リー・ダークスコレクションー 浮世絵 最強列伝 江戸の名品勢ぞろい!      左上 歌川広重「名所江戸百景 亀戸梅屋舗」 大判錦絵 安政4年(1857)   右上 鈴木春信「お百度参り」 中判錦絵 明和2年(1765)    左下 葛飾北斎「風流なくてなゝくせ」 大判錦絵 享和年間(1801~04)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三月

幽玄の世界への誘い 梅若六郎家所蔵の能面と能装束         若女 江戸時代前期 《逆髪(さかがみ)》  同じ面でも角度が少し違うだけで全く表情が違ってくる。 写真の能面が会場で見つけられなくて係の人に尋ねる。右図のように「テル」の表情の面が飾ってあり解らなかった。全く違う顔に思えた。  展覧会はシテ方能楽師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薄氷(うすらひ)

顔 ーfaces- 画業25周年・芸能生活45周年記念 片岡鶴太郎展     芸人・俳優・ボクサー・  画家・書家・ヨーギー  自分の魂が歓喜することを  つづけた結果、私には様々な  「顔」ができた。  日本の「顔」である「富士山」を  メインビジュアルに、  エンターテイメント性のある  展示に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二月礼者

中之島香雪美術館 物語とうたにあそぶ    「珠玉の村山コレクション」~愛し、守り、伝えた~[Ⅴ]                              小野小町  開館記念展の最後[Ⅴ]は「物語」と「うた」 「伊勢物語図色紙」「源氏系図」「浦島物語の絵巻」等これまでのコレクションからがらりと変わった展示会場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬帝

柿守文庫         狐         鹿         鶴         狸   俳諧・俳句を中心とする文学作品において、動物たちがどのように読まれ描かれてきたのかを身近な存在である動物たちにスポットをあてた展覧会。(写真&解説パンフレットより)上の写真は剥製     ☆ この猫も 獺の祭をして 来しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の川

愛 と 法 OF LOVE & LAW  仕事も生活も二人三脚のふたり  カズとフミは大阪の下町で  法律事務所を営む弁護士夫夫(ふうふ)  全国から困っている人達が相談に  やってくる。  結婚式を上げ祝福された同性婚の二人も  法律上は他人同士。  映画は弁護士活動の中、突然居場所を失った少年・カズマく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋高し

ウォーリーをさがせ!展   ウォーリーが大阪にやって来る!    誕生30周年を記念して様々なシュチエーション(situation)からの   ウォーリー探し。作者のマーティン・ハンドフォードさんが   子供の頃に描いた作品など約150点が展示されています 会場は小さな子供さんから若いカップルと明るく楽しい雰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋風

毎日が アルツハイマー ザ・ファイナル最後に死ぬとき  人の命の重さは一言で言えない。映画は監督の大らかな包容力で深刻にならないように撮られていますが、解決などない道で、誰もが双方共を自身が通る道なのだと思う。  第三作目だそうですが、今回初めて知る。  二日目の日曜日に映画の後に監督のトークショーがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の雲

珠玉の村山コレクション ~愛し、守り、伝えた~[Ⅳ]   いのりのうみをゆらゆらと    ほとけの世界にたゆとう     《阿弥陀如来・観音菩薩・地蔵菩薩像》       《地蔵菩薩立像》       鎌倉時代 13~14世紀           鎌倉時代 13世紀                          …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

冷やか

生誕170年・没後100年記念 鈴木松年   今蕭白(しょうはく)と呼ばれた男           宇治川橋合戦図屏風            喫煙図(歌舞伎の女形とみられる)     鈴木松年 1848年~1918    近代京都画壇で活躍した画家   日本初の公立絵画専門学校   (現京都市立芸術大学)の教授と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敬老の日

金婚式  今日、地域より金婚式のお祝いをして頂きました。 地元では金婚式の人が24組。百歳の方が男女合わせて2名、今日は女性の100歳の方がお見えです。  第一部の式典のあと第二部では演芸があり、地元の幼稚園の子等がアンパンマン音頭&ミックスジュース体操を披露してくれました。(写真)  最後に地元中学吹奏楽部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の灯

プーシキン 美 術 館 展    ──旅するフランス風景画    上    クロード・モネ    (草上の昼食)     1866年    下    クロード・モネ    (白い睡蓮)     1899年        端的に言えば、   風景画は世界を開く。   馴らされた視覚に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流星

写真家 沢田教一     ── そ の 目 線 の 先 に         サイゴンの子供たち(1970年2月)         青森の集落で(1950年代後半)  ピュリッツアー賞カメラマンが戦場で見つめた悲しみと希望。 「安全への逃避」(1965年9月)で翌年ピュリッツアー賞※第9回世界報道写真コンテスト大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盆の月

平山郁夫 シルクロードコレクション  夫婦の視点が織りなす、人類への遺産     私達は遺跡に立つと無数の声を聞くように   思います。   そこに落ちている陶片ひとつにも昔の人の   心が生きているのです。     日本文化の源流を求めてシルクロードを   1968年~40年に渡り続く。   平山郁夫が描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桐一葉

世界報道写真展2018      記録された瞬間・記憶される永遠         上  イワトビペンギン(パンフレットより)     下  会場  自然の部 単写真2位 トマス・P・ペシャク インド洋に浮かぶ南ア領南極地域のマリオン島、岩に覆われた海岸線を通り抜ける。イワトビペンギンはその名の通り歩かないそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕立

富松薪能 TOMATSU TAKIGINOH    富松神社境内  昭和55年から7月26日に能楽の普及のために毎年行われいる尼崎の富松神社で行われる薪能、富松の伝統文化を受け継ぎ、子供たちの仕舞も楽しみです。  一度観て見たいと思いつつもなかなか思い切りが付かなかった。午前中夫の病院付き添い次は三か月後の検診と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土用見舞

香雪美術館 Ⅲ 茶の道にみちびかれ       1.長沢芦雪(山家寒月図) 江戸時代 18世紀       2.長次郎(黒楽茶碗 銘 古狐) 桃山時代 16世紀       3.野々村仁清(色絵諌鼓鶏形香炉) 江戸時代 17世紀       4.桂籠花入 桃山時代 16世紀   十八会    明治35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨に入る

第73回  春の院展            (カミナリ富士) 村上祐二  4年ぶりの大阪会場 阪急ギャラリーは一巡するのにそう大きくなくて最後までゆっくり観ることが出来る  大阪は今日梅雨入り、朝から一日雨。会場は初日で同時に院展の小品展《水無月会》のアートステージもあり、今日はサイン会も行われていましたが、生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卯の花腐し

モリのいる場所  熊谷守一さんの描かれる絵がどうして生まれるのかを知りたかった。筋書きなどなくても一日一日の生活がすばらしい作品を生み出しているのだという事だと思う。  画を見て安らぎや幸せを感じたのは初めてでした。こんな風に周りに幸せを振舞えるのは理想です。 (写真はパンフレットより シネ・リーブル梅田) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊子草

I,TONYA           「アイ.トーニャ 史上最大のスキャンダル」  オリンピックでのトーニャ・ハーディングは強烈な印象がいまもあり、その後の人生をテレビでドキュメンタリーを見たが、悪役のイメージであってもどことなく憎めない気がする。  映画は知っているあの強烈なトーニャさんのイメージを覆すことはなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日

たからづか能    妖怪土蜘蛛現る         能  「土蜘蛛」     狂言 「魚説法」     仕舞 「屋島」        「吉野天人」     場所  宝塚ソリオホール     日付  2018年          5月13日    間狂言(あいきょうげん)    替間狂言《土隠(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和の日

香雪美術館(中之島)   Ⅱ.美しき金に心をよせて    1.長谷川等伯(柳橋水車図屏風)  桃山~江戸時代 16~1世紀 重要美術品    2.         〃    3.         〃     4.浪草花蒔絵文台  明治29年      5.料紙箱 硯箱      〃   1番の柳橋水車図…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「珠玉の村山コレクション」 ~愛し、守り、伝えた~  Ⅰ.美術を愛して           中之島 香雪美術館   開館の2018年3月21日~2019年2月11日迄 村山龍平氏のコレクションが5回に分けて観られます。    Ⅰ. 美術を愛して    Ⅱ. 美しき金に心をよせて    Ⅲ. 茶の湯にみちび…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋惜む

ボストン ボストン美術館の至宝展 東西の名品珠玉のコレクション      ファンセント・ファン・ゴッホ           喜多川歌麿      郵便配達人ジョセフ・ルーラン           三味線を弾く美人図                          フランス 1888年               日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋時雨

大阪府花道家協会 第51回いけばな大阪展 錦 秋        会場いっぱいに秋が広がります。   秋の素材の中に、写真の珍しい素材を   「キングプロテア」アフリカ原産   だそうです。   白の三つの大きな花   ピンク色もあり   日本の秋色に自然に   溶け込んでいるようでした   会場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天高し

北 斎 ─富士を超えて─ 「90歳目指した神の領域」           雪中虎図  1849年  個人蔵 ニューヨーク         鍾馗図            二美人図        富士越龍図         鍾馗図     1846年      メトロポリタン美術館      二美人図    1801~0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い羽根

梅北  上から  梅北(時空の広場) ヨドバシカメラ前(小泉進次郎さん) 梅北広場(ビーチバレー世界選手権)     午前病院付き添いの後に、梅田グランフロント北のジュェリー展へ。グランフロント北~南への連絡通路で梅北広場にてビーチバレーの世界選手権が行われているのをを上から撮らせてもらった。  進むと大阪ステーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more