テーマ:神社仏閣

走り梅雨

オクラの花            庭のオクラの花     達磨寺     二上山  関東東海地方等は今日梅雨入り 今日の雨の後 近畿地方は明日からお天気が続くそうです その後本格的な雨がやって来るそうで入梅はその頃のようです。  雨の中オクラの花が咲く、クリーム色の花を他所で見かけて今年は是非家でもと思って植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明易し

紫陽花          庭の紫陽花          妙経寺  ”天女が舞い降りた”  6月3日甥の27回忌   土曜日の昨日に法要を(写真は姉宅の菩提寺)  尾瀬で事故で亡くなった甥は京都大学を出て東京の大手企業に 同じ学校の三羽烏の親友の一人は脳外科医・もう一人は弁護士と活躍しています。  生きてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新茶

綱敷天神社   三番街綱敷天神社へ 歯医者さんからロフトへ 三番街 今風のお店で若い人が多く、すっかり知っている街並みと様子が変っていて、初夏の日差しが眩しい。  綱敷天神社 変わらずに街中に、北向地蔵さんもそのまま。             →   13年前の綱敷天神社 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若緑

まるいこころ   仏教賛歌 今日から10日間の連休 昨日初めてお寺のコーラス部に参加。綺麗なお声で歌われて聞いているだけでも清々しく2時間は直に過ぎる。  20年ほど前に聴講生で音楽を受講した時、現役の高校生に”先生音の外れている人がいます”と云われて以来。音楽は嫌いな科目でもなかったつもりだったが、最後には声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花吹雪

大神神社        慶田寺    境内に咲く菫        大三輪神社参道にある自販機  お墓詣り(慶田寺)へ 姉と一緒に里方のお墓詣りへ たくさんの菫が見られる。境内の桜は葉桜に変わりつつある中に、八重の桜が開き始めていました。   お寺から大神神社へ 参道に面白い自販機を発見 焼き芋も紅あずまとか鳴門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の雲

開闢  開闢の式  自分もよく意味が解らないでいる。同じ宗派でない兄弟に聞かれても説明が出来ない。はっきりした自覚や認識の無いまま今日を迎え、開闢を受ける。  写真はお寺の隣の公園 鈴蘭やルピナスも満開。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囀り

関屋(八幡神社)  関屋へお墓参り 関屋の駅から2,30分歩くとお墓、静かで鶯の鳴き声が聞こえる。坂道をあと何年歩けるだろうかと、思いつつ帰路に着くと駅にタクシー乗り場が、以前は駅から降りるとすぐあったのが無くなったと思っていた、場所が変っていて歩道橋をそのまま行くと乗り場 歩道橋を通ることが無かったから気付かなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花祭り

桜  お釈迦様の誕生日をお祝いしましょう         お参り頂いているお寺での花祭り      午後1時     正信偈のお勤め        1時半    三味線の演奏会        檀家さんによる三味線の演奏ですが、この方がとても上手にお話されて引き付けられます。 とても楽しいひと時でした。  引き続きお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋晴

報恩講  報恩講=親鸞聖人の祥月命日の前後につとめる法要のこと  お参り頂いているお寺へ。10人の御僧侶によるお勤めのあと、本願寺から布教使の先生による有難い楽しい、法話が有りました。  法話の前にコーラス部による「赤とんぼ」の合唱があり、赤とんぼからお話は始まり、西に沈む太陽の赤色は包み込むような柔らかい光。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕立

富松薪能 TOMATSU TAKIGINOH    富松神社境内  昭和55年から7月26日に能楽の普及のために毎年行われいる尼崎の富松神社で行われる薪能、富松の伝統文化を受け継ぎ、子供たちの仕舞も楽しみです。  一度観て見たいと思いつつもなかなか思い切りが付かなかった。午前中夫の病院付き添い次は三か月後の検診と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百合まつり

大神神社(ささゆり)   大神神社の摂社、率川神社(いさがわ)で斎行される例祭は三枝祭(さいくさのまつり)   (別名ゆりまつり)  御祭神は「姫蹈韛五十鈴姫命」(ひめたたらいすずひめのみこと)。三輪山の狭井川のほとりでお育ちになられ、付近には笹ゆりがたくさん咲きその故事により姫神をお慰めするため、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨曇

歯神社  歯神社由緒 網敷天神社の末社 もとは農耕神として祀られ淀川の決壊をこの付近で歯止めされたことから 「歯神社」として崇拝されたが、近世では歯痛によく効く神様として信仰があり、小さな社前にある「なで石」を撫で痛みを無くすようにお願いをされているそうです。   梅田にあり、雨の昨日はこの小さな神社に立ち止まる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春愁

永代経            光明寺  永代経 2時&19時   御先祖の徳を偲び歩まれた道をたずねて、生かされている喜びを確認し、尊いみ教えが   永代にわたって受け継がれていきますように。     2時   正信偈のお勤め       法話 本願寺布教使 法話 14時30分~16時     「難信の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灌仏会

花祭(光明寺)        いつもお参り頂いているお寺の花祭     午後1時    正信偈のお勤め     午後1時半   弦楽四重奏コンサート  ルンビニ苑のお花がいっぱいの地でお生まれになったお釈迦様の誕生日にお花をお供えすることから始まったそうです。(イラスト案内状より)実際は四人の若い女性のコン…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小正月

とんど  新年のお飾りを例年通りに香具波志神社で焼いていただく。形代もお願いする。 とんどの煙を頂きながら、小豆粥とお神酒を頂く。お神酒は一捻りで小さなカップいっぱいに美味しい。 寒いけど風が無いので煙もまっすぐ上に。  境内の満開の蝋梅と水仙も楽しみです。    →    昨年のとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋冷

秋思祭(大阪天満宮) 仲秋の名月  天満の天神さんでは道真公が、秋思の詩を献上したことから天満宮では「観月祭」でなく「秋思祭」というそうです。 篝火の中、平安装束に身を包んだ人々により、厳かに取り行われます。  良夜、まんまるのお月様の月明かりが、一層祭りを厳かな物にしているようでした。ポロロンと時折なる琴の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

送火

四天王寺万灯供養  16日送り火を焚き、お供えを流しに天王寺さんへ     →   2016年万灯供養
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏深し

おふさ観音 風鈴まつり  おふさ観音のはじまり 昔この地に住む娘の「おふささん」が「鯉ヶ淵」と呼ばれる池を通りかかった時に、白い亀の背中に乗った観音様が霧の中に浮かんでいるお姿をご覧になり、池に小さなお堂を建て観音様を奉られたのが、お寺の起源だそうです。今も亀や鯉が大切にされ訪れる人の心を癒しているとのこと。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

七月尽

藤原宮跡(蓮の花)(奈良)       上から畝傍山と蓮     耳成山と蓮    香久山と蓮   藤原宮跡 持統,文武,元明天皇の三代16年間(694~710年)の宮跡 藤原宮は、中国(唐の長安)を模して造られた日本初の本格的な宮跡。  広くて入り口からは蓮ゾーンが解りません。湿地帯の様な草の上を歩いてやっと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

空蝉

氷室神社                     氷室神社                  奈良国立博物館庭園                    喜光寺  博物館の隣に氷室神社があります。今、氷まつりをしていて、境内で氷が頂けると楽しみでしたが、氷は神様にお供えのお下がりを頂くので、神社で販売しているのではありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎天

喜光寺(蓮の花) 行基菩薩の寺  喜光寺(奈良)は養老5年(721)、行基菩薩によって創建されました。御本尊は阿弥陀如来像。  始めてお参りさせて頂くお寺です。蓮の花が8月上旬まで。弁天堂の池にも咲いていますが、境内には200鉢もの蓮の花が咲いています。  9:00からの拝観が7月いっぱいの土日は7:00…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

七夕

天満宮(茅の輪)  星愛七夕まつり 駅前第2ビルの市税事務所~グランドビルの眼科~天満宮へ。今日は七夕、天満宮の星愛祭りを。お祭りは暗くなってから、明るいうちに茅の輪だけ潜らせて頂いた。  縁日に子供が楽しそうです。小さな子供の浴衣姿は可愛い。縁日は地元の人や氏子さんがボランティアされているようで普通の縁日のよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏衣

虎の尾 ((慶田寺)奈良)       上から慶田寺境内 虎の尾  半夏生     慶田寺表門  兄の三回忌法要 人は2度死ぬ、一度目は息が絶える時、二度目は皆に忘れ去られる時で、こうして皆が集まるという事が亡き人への供養になるとのご住職のお話でした。  11時からの法要には早くから親戚の方もお見え下さりありがと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖五月

多門寺(杜若)          舞子駅からの明石大橋  舞子(神戸)迄、親友のお見舞い。    朝から出かけて居たのは少し。でも会えて良かった。  帰りに以前彼女と友人四人で行った多門寺の杜若を観て帰る。この時は雨で杜若の色が一層綺麗だった。今日の杜若は桜で云うと散り始めでしょうか。    →   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑

奈良公園(鹿)  新樹の昼下がり奈良公園は大勢の人です。鹿もまったりと横に。朝の春日大社舞殿の儀式を外し、昼から奈良へ。  南大門の儀の前に、興福寺国宝特別公開の阿修羅像を拝観させて頂く。今、平成30年の落慶を前に、中金堂の再建が行われていて、仮講堂でガラスケースがない分以前より身近に拝観。修学旅行のバスが駐車場に並ぶの…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

薪御能

奈良興福寺南大門 「般若の芝」   平成29年薪御能   第一日目 5月19日(金)  春日大社舞殿          於: 咒師走りの儀(しゃしはしりのぎ) 午前11時始                       金春流   興福寺南大門跡「般若の芝」   於: 南大門の儀 午後5:30分始  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

葉桜

茨木神社          茨木中央公園(葉桜)        茨木中央公園(4月10日撮影)          茨木神社              本殿          茨木神社東門(搦手門(茨木城))    茨木城は1334年~1336年建武年間 楠正成が築いたと伝えられ、城郭の位置は現在の茨木小学校付近に本丸が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みどりの日

花の寺(久安寺)  牡丹  久安寺は楼門(国指定重要文化財)が名高い。一番下の写真は「榧(かや)の老木」秀吉が参拝した折に、東に連なる山並が美しいと讃え、記念に手植えしたと伝えられj樹齢400年にもなり、毎年実をつけるそうです。  花の寺として馴染みが有り、牡丹と一緒に大山蓮華の花も見れるのではと、お天気に誘わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鯉のぼり

芥川(高槻市)     教宗寺(左上) 一里塚(左下)        歴史の散歩道(右上) 西国街道  鯉のぼりフェスタ 高槻市芥川「桜堤公園」で行われています。一般家庭から要らなくなった鯉のぼりを集め1000匹が芥川の上空を泳ぎます。  会場へはJR高槻駅から芥川商店街をを抜けた辺りに「一里塚」があり、そのまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和の日

藤井寺市社寺                藤井寺(葛井寺)四脚門                辛口神社               道明寺天満宮               道明寺  藤井寺 四脚門は桃山様式の建造物として、国指定の重要文化財となっています。裏門も同じ形式のようです。裏門は商店街の中にあり少し古ぼけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more