告知

夏の吟行

画像
           四天王寺 「極楽浄土の庭」入り口


 6月15日本日の吟行地は、四天王寺並びにその周辺の寺まち、今年は大坂夏の陣から400年です。この辺りは句材に事欠かない上町台地の歴史街道です。

 上町筋の広い通りを歩くと一日では見て回れない程のヒストリーに出合います。

梅雨時の吟行は雨も又好い句材になりますが、不思議に吟行はいつもお天気に恵まれます。五月晴れの好いお天気になりました。きっとお教室は精進の好い人ばかりの集まりなんでしょう。

 

 5月20日に里の兄の緊急入院、ICUに4日間25日に一般病棟の個室にへ、6月10日に相部屋に移り現在も入院中です。

 病状は回復の見込みがないという事です。病人に告知するのを少し待っていただき、6月9日に本人に病状を手術をしてくださった外科部長から告げて頂きました。兄は強い意志の人だと思うので本当のことを知る方がいいのではいう事で、皆で話し合い先生にお願いすることになったのです。

 入院当初、先生からは週単位あるいは日単位で考えて下さいということでした。段階を追って悪くなるといわれましたが、面会に行くとその日その日の調子の強弱はあるようですが、今の所は思った程の急激な落ち込みはないように見えます。

少しでも長く生きて欲しいは皆の願いです。


 入院してから今日の吟行の事は兄にも話し、15日には是非との思いは強く、四天王寺は何かと縁が深く、普段からお参りは良くさせて頂いています。このタイミングでの吟行は何かの縁を感じます。当初はこの日まで元気でいてくれるか心配でした。お声をかけて下さったSさんに感謝したします。


 Sさんからは”辛いことばかりではなく、きっと良いことも待っていますよ”と言って頂いて気持ちが随分落ち着きました。

 吟行の後にお先に失礼して病院に立ち寄る。今日の事を話したかったのですがなんかもう手の届かない所にいるようでした。


 

































 























この記事へのコメント

きさらぎ
2015年06月16日 22:19
吟行はお天気に恵まれ楽しい一日でした。
いろんな事が重なる時がありますね。完璧には出来ないのが常と思って参らない様にして下さいね
私の質問なんか又ゆっーくりしてから伺います。放念していて下さい。教室で又お会い出来ますよう。
花  舞
2015年06月18日 05:43
きさらぎ様 おはようございます。吟行は楽しかったですね。色々お気遣い頂いて有難うございます。一度「タブレット 画像編集」等で検索されてみては如何でしょうか?
http://allabout.co.jp/gm/gc/432293/一件検索したアドレス貼っておきます。

この記事へのトラックバック