春分の日

ホトトギス壱千四百号記念関西祝賀会

画像画像
画像画像
画像


  関西祝賀会
     平成二十六年三月二十一日(金・祝日)
     於: リーガロイヤルホテル「光琳の間」

    記念式典次第
     1.祝賀会式典  主催者挨拶  名誉主催 稲畑汀子  主催 稲畑廣太郎  関西ホトトギス同人会
     2.講演 新古今集の表現法と俳句の表現法 大輪靖宏
     3.演奏 甲陵会合唱団(甲南大学グリークラブOB)
     4.祝賀会

俳句はただ教室に通っているだけと情けないですが。ホトトギス1400号記念祝賀会に教室の先生にお声をかけて頂き出席させて頂く。(今回投句もありませんからと)

 午後2時から盛大な中厳かに式典が始まり、汀子先生 廣太郎先生に続き、延々とお祝いのご挨拶が続きました。6時頃始まった祝賀会の乾杯の音頭をとられる方もお腹が空いて声が出ませんと笑いを誘います。

この日の出席者数432名 東京での祝賀会には600名の出席者だそうです。

 


 ☆ 花より団子で叱られそうですが
                    ↓          
                   MENU

         真鯛のマリネ 虹心大根と共に
     柚子風味のオリーブオイルのエスプーマを添えて

     合鴨腿肉のコンフィーとフォワグラのパートブリック包み
         ポワローのルガイユとマンゴー添え

     新玉ねぎの冷たいクリームスープ ピンクのアクセント

     甘鯛のポワレ グリーンビーズのビュレと黄ワインビネガーソース

     うま味と香りを移した牛フィレと赤玉葱のコンポート 赤ワインソース

         ピスタチオのババロア イチゴの香り

                コーヒー
      

                             リーがロイヤルホテル
                             総料理長 太田 昌利



























この記事へのコメント

この記事へのトラックバック