梅雨曇

春の院展

画像画像
      「宵牡丹」 松村 公嗣            「舞妓」 鎌倉 秀雄
  
  第68回 
 春の院展 5月29日~6月10日 京都高島屋グランドホール (147点の展覧)

宵牡丹は当麻寺・石光寺・長谷寺等の奈良に咲くボタンを描かれた解説されています。

舞妓さんは、ほおをほっそり、めをぱっちりとさせておくれやす。とお座敷に出るようになり、少しお姉さんぶるようになったモデルの舞妓さんの意見を取り入れて描かれたそうです。観た感想は少女絵のように可愛いという印象です。

 何時も通りに入選された作品や賞を受けられた作品等見ごたえがあります。自分は肩を張らずにすんなり鑑賞できる人物画が好きで目が向きます。


   第68回春の院展
     5月29日(水)~6月10日(月) 京都高島屋グランドホール


      →  蛍火の茶会






















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 短夜

    Excerpt: 芝川照吉コレクション展 Weblog: なにもなくて... racked: 2013-06-13 07:13
  • 梅雨入り

    Excerpt: 第73回  春の院展 Weblog: なにもなくて... racked: 2018-06-07 09:36