七種粥

初句会

今日は五節句の一つで人日(じんじつ)。東方朔の占書に正月一日は鶏を占い、二日は狗を占い、七日は人を占い、八日穀を占うとある。 歳時記より。

 そして今日は爪を切る日なのだそうです。知らなかった。ともかくも人を占うとはどんな事だろう。

3月3日、5月5日と、同じ数字が並ぶ5節句の中の唯一の例外は、1月7日の人日(じんじつ)の節句。
人日とは、文字通り "人の日" の意味。

 中国は前漢の時代、東方朔が記した占いの書には、正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、それぞれの日に動物を殺さない日とし、7日には人の日、この日は犯罪者に刑罰を与えない、8日に穀を占ってその日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しであるとされたとあります。

 平安時代には、中国の年中行事である「人日」に「七種菜羹〔ななしゅさいのかん〕(7種類の菜が入った吸い物)」の影響を受け、日本に古くからある「若菜摘み」という風習が今日の七草粥になったそうです。邪気を祓うために七草の入った粥を食べ、一年の無事を祈ったのだともいわれています。

 現在売られている仏座は違っていて、本当はタビラコというキク科の越年草が本来の仏座。

 七種=芹(せり)・・・芹  薺(なずな)・・・ペンペングサ  御形(ごぎょう)・・・ハハコグサ  はこべら・・・ハコベ  仏座(ほとけのざ)・・・タビラコ  菘(すずな)・・・蕪  須々代(すずしろ)・・・大根

 七種粥を戴くのはお正月から続く御馳走の休胃日と考えていましたが、本当は深い意味があるようです。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック