京の桜三日間

京都御苑 (Ⅲ)

画像画像画像
 御所                  近衛邸跡糸桜         里桜
画像画像画像
                      蛤御門               蛤御紋弾の跡

 四月十四日
俳句教室から御苑にて吟行。
近衛邸跡の糸桜が満開でした。この春の寒さのお陰で、糸桜・八重桜・桜と三つの桜をまだ十分に楽しむ事が
出来ました。この日は御所の一般公開があり、御門は開いていたようですが前もっての予約がいるので入ることは出来ません。

この日も京都の朝は寒く、午前中は震えるほどでしたが、だんだんと日が差し花の色も明るくなり「お車返しの桜」(あまりに綺麗ので公達が御所車を返して見たといわれる)は雅に輝いてみえます。
花の下には青い目の親子の笑顔がありました。(写真は撮っていません)

あらかじめ案内があった広い御苑を一回りコースの健脚向けはさけて、東側の今出川から丸太町の抜ける道を
散策することにしました。桃園もありキクモモの濃ピンクの花が満開です。

鮮やかな松の緑に御苑らしい風格が尚一層感じられます。
  
  ”青い目の 子も花人や 風そよぐ”  花  舞

  →  都をどり&十石舟


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック