当麻寺&石光寺

奈良葛城市二上山

画像画像画像
 当麻寺(たいまでら)本堂             当麻寺奥院(浄土庭園)           黒蝋梅(クロロウバイ)
画像画像画像
 石光寺(せっこうじ)                牡丹                    芍薬(しゃくやく)
画像画像画像画像
 当麻寺(中之坊)           牡丹2              牡丹3              石楠花(しゃくなげ)

当麻寺 用明天皇第三皇子麻呂子親王が御兄聖徳太子の教により創建され、中将姫の當麻曼荼羅・天平時代の東西両塔・日本最古の白鳳時代の梵鐘や石燈篭などで知られています。

石光寺 670年この地に光を放つ三大石があり、掘ると弥勒三尊の石像が現れ、勅願により堂宇を建立し「石光寺」の名を賜り役の子角が開山となり弥勒如来を本尊としてまつったのが始まりだそうです。中将姫が蓮糸曼荼羅をこの寺の井戸で五色に染め、桜の木で乾かしたのでこの桜を「糸かけ桜」といわれ井戸を「染めの井」というそうです。又お寺を「染め寺」ともいうそうです。

 牡丹の大輪は百花の王と賞され大日如来の供花とされ浄土のお姿の表現として植えられているそうです。随分昔に訪れその時の「寒牡丹・七曲峠・當麻曼荼羅」等、まほろばの夢幻の郷が心に強く残っていて、今度はこちらの春牡丹をと28日にでかけました。今年はやはり牡丹も早く芍薬が咲き始めていました。石光寺につくと通雨お寺で少し待機する。5月14日には「練り供養」があります。葛城市牡丹祭り4月15日~5月15日まで(当麻寺&石光寺)
    "雨後の 雫の重き 白牡丹"  花  舞

この記事へのコメント

2009年04月30日 21:13
タイマデラという読み方は知らないと出来ませんが綺麗な花が咲いていてすばらしいですね、珍しい黒蝋梅は花弁が開かないで写真の状態が開花なのでしょうか、香りはいかがでした?。
花  舞
2009年05月01日 08:02
OSAMI様おはようございます。
黒蝋梅は茶花等によく使われるそうです。なるほどと思ったのですが、アメリカロウバイと聞いてエー!と言う感じでした。傍にいましたが香りには気がつきませんでした。開花状態は写真奥のようになるようであまり変わらないようですが?。

この記事へのトラックバック

  • 行秋

    Excerpt: 当麻寺吟行 Weblog: なにもなくて... racked: 2011-10-28 10:17